*

真作?シューベルト「グラーツ幻想曲」

公開日: : 最終更新日:2019/07/13 音楽, ピアノ, ピアノ選曲 ,

これは本物?

シューベルトの幻想曲「グラーツ幻想曲 D605a ハ長調」
最近、知った曲ですが、本当にシューベルトが作曲したかどうかは謎のようです。曲を聴いた感想・・・シューベルトのような気もするし、途中、ちょっと違うのかな?とか素人には分からないです(;^ω^)

シューベルトの幻想曲といえば「さすらい人幻想曲」が有名ですが、曲の感じが全く違います。さすらい人は、ちょっと激しい感じ、ベートーヴェンを意識したような雰囲気かな?グラーツは、もう少し素朴な感じがするかな?メロディが綺麗です。やっぱり、シューベルトの曲なのかな(*’ω’*) ハッキリする時って来るのかな~

下記、ピティナのピアノ曲事典です。自筆譜でなかったんですね。

ピティナピアノ曲事典より

1969年、グラーツの音楽家であったルドルフ・フォン・ヴァイス=オストボルンの遺品の中から発見され、その年のうちに出版された作品(その地名に因んで《グラーツ》幻想曲と呼ばれる)。発見された譜はシューベルトの自筆譜ではなかったが、彼の作品を管理していたヨーゼフ・ヒュッテンブレンナーの筆跡で「フランツ・シューベルト作曲 ピアノフォルテのための幻想曲」と記されていた。作曲はシューベルト21歳の1818年と推定されている。

主題はシューベルトらしい牧歌的な旋律がオクターヴで歌われる。その後は「ポロネーズ風に」という指示による舞曲リズムをはじめ、さまざまな調と動きを幻想的に展開させるが、最終的には冒頭主題が回帰し、穏やかに作品を閉じる。

リリー・クラウス。真作と信じて早くからこの曲を録音していたそうです。

何度も何度も聴いていると、だんだんいい曲に聴こえてきました。弾いてみたいなぁ(^^♪
ってことで、早速アマゾンで購入!全音から楽譜が出ています。お手頃価格なので、楽譜を見るだけでも買ってみる価値あります。せっかく楽譜が届いたんですが、今日に限って時間が無い・・・ほんの少しだけ出だしだけを弾いてみました。左手、すごく飛ぶんですね~それこそ、昨日の記事に書いた、手首だけで弾くとダメですね。柔軟性をもって弾かないと。

少し弾いただけですが、とっても良い曲です。メロディに癒されます(*’ω’*)
ただ、やっぱりシューベルト、曲が長いのです18ページ( ゚Д゚) だいたい12~13分くらい。大変だなぁ。また、ゆっくり譜読みをしてどんな感じか探ってみます。途中、弾きにくそうな箇所が多々ある感じなので(;^ω^)

最近は、コンサートでも演奏される事が増えてきたようです。生演奏が聴いてみたいなぁ~(^^♪

 

▼参加してます。励みになります。よろしくおねがいします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

いつもありがとうございます(*’▽’)

ad

関連記事

グリーグといえば北欧系の作曲家

北欧系の作曲家 せっかくグリーグの曲を練習するんだから、北欧系の作曲家についても調べてみたくな

記事を読む

曲を維持できないって事はレパートリーが増えない?

曲の維持 最近は出来るだけ毎日ピアノ練習するように心がけています。 弾く曲は、なんでもOKで

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ad

ちょっと勉強?音楽雑誌を読んでみた

  雑誌 ながらく雑誌というものを買っていません

ピアノはひとりでも楽しいけど・・・

  うぅ~ なんだかピアノにも、その他の事にも力

曲の仕上げタイミングをどうするかなぁ?

練習出来ない理由 ある程度の年齢になってくると、体の不具合、身内

あっちもこっちも手を付けて、なかなか曲が仕上がらない?!

あっちこっち 数日前から右手のしびれが酷くなって、その後に、右手

上達が見えないのは指使いがバラバラだから?

基本に戻って 相変わらずピアノの練習時間は少ないのですが、その少

→もっと見る

  • プロフィール(写真をクリック♪)
PAGE TOP ↑