*

ピアノ基礎力は超怖いカラフル楽譜先生で

公開日: : 最終更新日:2019/05/29 音楽, ピアノ , ,

ピアノの基礎力

ピアノやバイオリンは、子供の時から始めないと
物にならない・・・とか昔聞いたことがあります。
たしかに、子供の時に身に付けた基礎力は
大人になってから同じように付けるのは難しいと思います。
ただ、大人になってからのレッスンでは先生の言う
理屈や理論etc.が理解できるので違う意味で上達すると思います。

私は、たまたま子供の時からピアノを習っていたので
基礎は子供の時についたと思います。
それも、超怖かった男の先生(カラフル楽譜先生)です。
徹底的な基礎の叩き込み。
ちょっとやりすぎ?!片寄りすぎ感も大いにありました。
今思えば、機械的というかロボットみたいな弾き方だったかも?
メトロノームのテンポで練習するのが普通だったし。
ハノンなんかは、このメトロノームでどんどんテンポを
速めていって、最終的にはかなりのテンポで弾いていたと思います。
もちろんミスは許されず、完璧を求められました。
今考えるとすごいピアノ教室ですね。

発表会では、ボロボロになって弾いている人はおらず
みんなほぼ、ノーミスで弾いていました。
その時は、これが普通だと思っていたけど
違う教室の発表会に行ったとき、全然雰囲気が違っていて
びっくりしました。

こんな教室で4~5年習っていたので
多分、基礎能力はある程度付いたのだと思います。
ただ、違う部分がかなり欠けてしまったというか
未だに、苦労している部分も多々あります。
大人になってから、その欠けた部分を補うのは
すごく難しいです。
小さい頃に身についたことは、なかなか治せない・・・
でもまぁ、ピアノの基礎を付けてくれた
カラフル楽譜先生に感謝しないと・・・ですね(;^ω^)

▼参加してます。励みになります。よろしくおねがいします♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
いつもありがとうございます(*’▽’)

ad

関連記事

ソナタを全楽章通して弾くとなると

ソナタ全楽章 ソナタを弾くときは、全楽章を通して弾くのが当たり前ですよね。演奏会へ行って、1楽

記事を読む

ショパンのピアノ協奏曲第1番「ロマンス」の無料楽譜って?

ショパン「ロマンス」 ショパンのピアノ協奏曲第1番 2楽章をピアノ独奏用に編曲したものです。 な

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ad

ワクワクを見つける楽しみ♪

  レアチャレ参加♪ 最近は、かつさんのところの

ねこ復活!ありがとう

↑かなり痩せてしまった銀時。尻尾は、トイレの為にカットして変な形に

まずは、気軽に弾ける曲から♪

↑↑ ちょっとだけ薬が効いている状態の銀時   かる

(ねこの事)こんなにつらいとは・・・

  ぎんとき 前回、飼い猫の銀時が歩けなくなった

遊び弾きは初見練習にぴったり♪

  ダラダラ・・・ また、だらけた日曜日を過ごし

→もっと見る

  • プロフィール(写真をクリック♪)
PAGE TOP ↑