*

楽譜への書き込みカラフル派?

公開日: : 最終更新日:2019/05/23 音楽, ピアノ ,

楽譜はカラフル

子供の頃に習っていた先生は、すごく細かく楽譜に
書きこまれました。
それも、いろんなマジックや色鉛筆を使ってカラフルに!
それが、当たり前だと思っていたんですが
中学生で先生が変わってびっくり・・・
鉛筆だけだったんです。
色味が無い・・・シンプル
合格の丸印も以前は、赤丸青丸たったのに
鉛筆で小さく〇
さびしい・・・っているか、物足りなかった。

でも、大きくなるにしたがってシンプルな書き込みに
なれたので、今、あのカラフル楽譜だったら
逆に、見にくくて、弾きにくいだろうな。
最近は、楽曲分析について書いたように
最低限のことのみ書きこんでます。
何調なのか?曲の再現部とか展開部とか
これも自分で考えないで、本を見て丸写しですが(泣
最近は、よく間違える音をドレミ・・・で書いたり
たまに、ドイツ音名で書くときもあるけど恰好つけて(笑
昨日書いた記事で、タイや弾く音の違いが
ごちゃごちゃになって、書きこんだり。
これって、どうなのかな?
私は、現在楽譜をガン見状態なので、その書き込みが無いと弾けなくなっているかも。
あまりにも当てにしすぎて、覚えようとしてないかもって思いだしたんです。
たまに、ツイッターとかでプロのピアニストの楽譜をチラッと見たことあるんですが
いろいろ書き込みがしてありました。
まあ、私のような低レベルではなく、もっともっと上のレベルの書き込み(笑

▲この楽譜、右手左手の音の大きさ比率がかかれてる(驚
子供の時に、それが分かっていたのかどうか???
1枚目の写真の上の数字は、メトロノームの速度
多分、仕上げの速度だったと思います。
発表会の曲だったので、これでも最後に先生が鉛筆書きのところを
消してくれたんだと思います・・・

ちなみに、矢印は体をそっちの方へ持っていくって事です。
なんか、すごいね。今見てみると。面白い。

 

▼参加してます。励みになります。よろしくおねがいします♪
いつもありがとうございます(*’▽’)

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ad

関連記事

ごまかさないで弾く

丁寧に弾く 昨日、久しぶりの演奏会。プロの演奏を生で聴いてすごく感じた事がありました。あまりに

記事を読む

アルフレート・ブレンデル、指の絆創膏の謎?!

アルフレート・ブレンデル シューベルト弾きのイメージがありますが モーツァルト、ベートーヴェ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ad

弾きたい時に弾けない・・・

眠れない ちょっと寝不足です。わりと眠りが浅い方なのですが、ここ

客観的に聴いてみて分かった事

  違う 最近練習中の曲。小品が多くて曲自体が短

欲張りすぎて時間が足りない

  バラバラ なんだか、いろいろと忙しい・・・

譜読みで肩こり老眼鏡

  首肩こり 少し前のブログで手のしびれも治って

何となくの指使いダメなようです

  なんとなく たぶん、以前にも同じような事を書

→もっと見る

  • プロフィール(写真をクリック♪)
PAGE TOP ↑