*

アルフレート・ブレンデル、指の絆創膏の謎?!

3045576897_d75e23f6b8_o

アルフレート・ブレンデル

シューベルト弾きのイメージがありますが
モーツァルト、ベートーヴェンなど録音しているピアニスト「ブレンデル」
うちの家にあるCDもブレンデルが多いです(たまたまですが)

以前も書いたかもしれませんが、前回の記事を書いていて、久しぶりにブレンデルの動画を見ていたら思い出しました。彼の指の絆創膏!
最初、怪我でもしたのかな?と思っていましたが
よく見てみると、何本かの指に絆創膏が貼り付けてあります。
何だろう?練習のしすぎ・・・???

↓前回も貼り付けた動画ですが、指に注目!絆創膏が。。。

絆創膏の謎

どうやら、手がかなり大きいらしく、そのために爪に負担がかかり
割れやすいのだそうです。
なんで手が大きいと爪が割れるのか、よく分かりませんが
大きい手にもいろいろと問題があるのかもしれません。

なので、ピアノを弾くときにテーピングが欠かせないそうです。
それも気に入ったメーカーの絆創膏があるらしく
それじゃないとダメみたい(#^.^#)
前に、ちょっと調べた時は、録音する時に
爪のカチャカチャという音が入るのが嫌で、テーピングしたとか・・・
どちらが本当かは分かりませんが、いろんな事情があるようです。

でも、絆創膏を貼り付けてピアノを弾くのは
私的には、苦手なんですが。
タッチとかにも問題が起こりそうだし。
ベタベタと鍵盤が汚れることもあるし・・・
ちなみに冬場によく指先が割れて困るんですが
その時は、「あかぎれバン」という薄いテープみたいなのを
巻いて弾いています。
薄くて、傷は痛いんですが、ピアノを弾くときに違和感なく弾けます。

images

[contact-form-7 id=”18″ title=”コンタクトフォーム 1″]

ad

関連記事

かなりオススメ♪グリーグのピアノソナタ

グリーグ 久しぶりにグリーグのピアノソナタOp.7を弾いてみました。 今日は、2楽章からです

記事を読む

グリーグといえば北欧系の作曲家

北欧系の作曲家 せっかくグリーグの曲を練習するんだから、北欧系の作曲家についても調べてみたくな

記事を読む

ad

Comment

  1. pianon より:

    ぎんねねさん、こんにちは!

    すごい古い過去記事に、今更コメントすみません。
    ブレンデルはテーピングしてるんですね。
    知らなかったです。巨匠のピアニストでも
    テープ貼る人いるんだと、驚きました。
    慣れれば、違和感ないのかもしれませんね。

    私も爪の音が嫌なんですよね。
    あかぎれバンも、よさげで、今度探してみようと思います。

    勉強になりました!

    • ぎんねね より:

      pianonさん、こんばんは♪
      コメントありがとうございます。

      動画を初めて見た時、あぁ巨匠もあかぎれで大変なんだなぁと。
      なんだか親近感が湧いていたんですが、もっと繊細な理由だったんですね。
      ブレンデルの場合は、かなりお気に入りの絆創膏?メーカーがあったらしいです。
      どんなんだろう?

      そう、爪のカチャカチャは、結構気になりますよね。
      私は、年中指先が割れて痛いので、いろいろと試していますが
      なかなか良いものはないですね。
      あかぎれバンは、一番リピートしています。オススメです(*’ω’*)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ad

エルガーのソナチネ♪メロデイが素敵

↑↑↑あぁ~買ってしまった。心斎橋フクハラのオンライン。復刻版

ピアノ椅子の高さで何か変わるのかなぁ?

  ガタガタ 50歳を過ぎてから体のあちらこちら

朗報♪久々の アルゲリッチ演奏ショパン ソナタNo.3

体が重い~ 今日は、朝から体が重い・・・((+_+)) 梅雨ら

楽譜アプリは便利?!使いこなせるかなぁ

使いこなせるかなぁ?! 相変わらずのピアノ練習ですが、せっかくi

自分の弾き方ってどうなんだろう?!

よい音楽を聴く 最近、少し思う事。 幼少期から音楽をたくさん聴

→もっと見る

  • プロフィール(写真をクリック♪)
PAGE TOP ↑